日本頭痛学会とは

日本頭痛学会とは、もともと日本頭痛研究所として設立され24年間の活動を推進させたのち平成20年より新たな発展と進歩を求め一般財団法人となりました。
日本頭痛学会と改名し埼玉県さいたま市の埼玉精神神経センター内を拠点とし活動が開始しました。
国際頭痛分類を基準とした、日本国内における頭痛医療への幅広い活動に随時しています。
日本頭痛学会とは会員制度にて、頭痛専門知識の有る医師を育成し認定する会でもあります。
その育成方法として日本頭痛学会とは学びの場であり、頻繁に学術集会が行われ機関誌などの最新研究情報の提供に力を注いでいます。
日本頭痛学会とは医師や歯科医師を対象とした活動期間ですが、一般市民への情報提供活動も精力的に行われています。
その講座内容は日常病気として扱われにくい片頭痛の対処法から予防法、さらに年齢別による頭痛における病理の見分け方から対処法を講演しています。
また長期にわたる片頭痛により発生する、メンタルな角度からのアプローチも考慮にいれ指導しています。
一般の方々への知識提供はそれにとどまらず、国内外からの専門知識者を招いた世界的視野の治療や傾向の講演を視聴する講座も開催されています。
講座はホームページなどにて告知され、一般にも情報提供がすばやく行われています。
日本頭痛学会とは学会内で培われた技術と知識を医療機関と提供し、一般患者の治療改善に向け発信されている会です。

おすすめ記事