偏頭痛を治す方法

偏頭痛とは、こめかみの周辺に起こるズキズキとした痛みのことです。
普段は症状はないのですが、いったん痛み出すと数時間から数日、ズキズキと痛み続けることが特徴です。
偏頭痛は病気ではなく、生活習慣などによる血管の一時的な拡張が原因です。
ストレスをため込む女性ストレスがたまっていると、血管が収縮します。
しかしそのストレスから解放されると、安心感から血管が拡張します。
すると血液が一気に流れるようになり、その衝撃が神経に伝わって、脈打つようにズキズキと痛むのです。
運動をした場合やアルコールを摂取した場合も血管が拡張しやすくなるので、偏頭痛が起こることがあります。
偏頭痛を治す方法として有効なのは、拡張した血管を適度に収縮させることです。
安静にしていると脈拍が落ち着いてきて、痛みもおさまってきます。
また冷やすと血管が収縮するので、これも効果的です。
ただしこれらは一時的な効果しかありませんので、根本的に治すためには、そもそも血管を拡張させないようにすることが第一です。
そのためには、ストレスをできるだけためこまないことや、アルコールの摂取を控えるなどの日常的な努力が必要です。
睡眠不足や煙草の摂取も血管を収縮させるので、その反動による偏頭痛を引き起こしやすく、注意が必要です。

おすすめ記事