一次性と二次性頭痛の違い

一次性と二次性頭痛の違いは、頭痛以外の病気が痛みの原因となっていないかどうかで判断されます。
頭痛は原因がはっきりと分かっていないことも多いのですが、例えば検査の結果、脳の血管にダメージがあって頭痛がする、精神疾患の症状と共に頭痛を発症している、脳腫瘍が原因となっている頭痛というような場合は二次性頭痛ということになります。
何らかの病気の症状として頭痛が起きている場合が二次性ということです。
しかし、その根本的な原因となる病を見落としている場合もないわけではありませんから、一次性の頭痛だと思っていたら実は二次性頭痛だったということもあり得ます。
割合としては、一次性が9割で二次性は1割くらいだと考えられています。
痛みの頻度や程度が段々ひどくなっていく頭痛や痛みの質がいつもと違うように感じられる頭痛は二次性頭痛が疑われ、重大な病気が原因となっていることがあるので注意が必要です。
突然の頭痛やいつもと違う頭痛は、命に関わる重病であったり、重い後遺症が残るような病気の前触れである可能性がありますから、必ず病院で診察してもらいましょう。
場所が場所だけに、脳がダメージを受けたときには電話をしたり言葉を発することすらできなくなってしまうこともあります。
早めの対処が必要なのです。

おすすめ記事